アフィリエイトで税金を払う場合のおすすめの方法

はじめに

アフィリエイトでは、一定の収入を得たら税金を払う必要があります。

 

アフィリエイトをするために簿記はとった方がいいのか

はっきり言ってとらなくても大丈夫です。

会社単位で経営するのはともかく、個人でしかもアフィリエイトという比較的シンプルなものの計算は、わざわざ資格を取る必要は無いと考えます。

世の中には、「会計ソフト」という素晴らしいものもありますので、そちらを使った方が効率的ではないでしょうか。

僕は自分の勉強のために資格を取ってもいいのかなと思いますけど。

 

白色申告と青色申告

白色申告

比較的簡単に税金を納税することができます。

記入する項目が少ないです。

 

青色申告

かなり難しい手続きをして、納税します。

具体的には、複式簿記という方法で記入しなければならないというところです。

そのような苦労がある分メリットがあります。

 

青色申告のメリット

結論から言うと、節税できます。

比較的簡単な「単式簿記」だと「10万」、難しい「複式簿記」だと「65万」の控除になります。

初心者の場合は「青色申告の単式簿記」を選ぶことをおすすめします。

 

青色申告の単式簿記の仕方

原則としてこの5つが必要なようです。

  1. 現金出納帳
  2. 売掛帳
  3. 買掛帳
  4. 経費帳
  5. 固定資産台帳

 

参考サイトURL→簡易簿記の書き方|用意するもの

 

そして、最終的にまとめるのが「確定申告書B」と「青色申告決済書(一般用)」です。

最終的にまとめる2つの書類を証明するために、上の5つが必要になるわけです。

現金出納帳

現金出納帳とは現金の出入りを記録するものです。

 

売掛帳

商品などを売ったがまだ、現金を回収していないというのを記入します。

 

買掛帳

商品などを買ったが、まだ支払いが完了していないというのを記入します。

 

経費帳

経費として落としたものを記入します。

 

固定資産台帳

固定資産(机やパソコンなど長く使うもの)を管理するためのものです。

 

これら5つを簡単に作成するためのソフト

これらをいちいち自分の手で作成するという方法もありますが、一番簡単なのはやはり計算ソフトを使うことです。

もちろん無料のものをつかってもいいですが、長期間にわたって使う場合はソフトやサービスを使うべきです。

まとめ

「青色申告の単式簿記」では合計7つの書類を作成する必要があります。

書式などは「国税庁ホームページ」からダウンロードすることができます。

国税庁ホームページ→http://www.nta.go.jp/

記入もれがあると、さらに税金が重くなる可能性があります。

それを考慮しても計算ソフトはおすすめです。