youtube動画をアップロードしサイトに埋め込む方法

はじめに

僕がいろいろとサイトの改善のために調べてみると、画像のほかに「動画」を使用してもいい、ということを見つけました。

このブログでは、あまり使う機会は無いと思いますが…。

 

しかし、お店の紹介サイト、食べ物のレビューなどというのは、文字列よりも「画像」のほうがインパクトがあります。

ということで、こんかいはyoutubeにアップロードした動画をサイトに貼ってみるということについて紹介していきます。

 

youtubeに動画をアップロードする

  1. youtubeアカウントにログインする
  2. アップロードのボタンをクリック
  3. アップロードする動画を選択
  4. 基本情報の登録
  5. 公開を押す
  6. 完了

 

というような感じです。

とても簡単に動画をアップロードできてしまうんですね。

 

youtubeの動画を貼り付ける

方法は簡単です。

  1. youtubeでその動画をクリックする
  2. 共有をクリック
  3. 埋め込みコードをクリック
  4. コピーして、貼り付ける

 

たったこれだけで、動画を埋め込むことができるんです。

 

まとめ

いやぁー、思った以上に簡単にアップロードできてしまうことに驚きました。

ですから、小中学生の動画が問題になっていることが多いのでしょうか。

 

ここからは余談です。

動画を作成するにあたって何が必要なのか

  • パソコン
  • 動画編集ソフト
  • 撮影のためのビデオカメラ

 

パソコンのcpuは「i5」か「i7」はほしいと思います。

どちらかというとssdのほうがいいと思いますが、動画は要領をたくさん使うので、ssdだとすぐにいっぱいになってしまうかもしれません。

 

おすすめ動画編集ソフト

Adobe Premiere Pro CCではないでしょうか。

評価を見ても低評価はほとんどありませんでしたし、なにより僕がphotoshopなどでお世話になっているのでAdobeシリーズでいいかなと思ったからです。

 

おすすめのビデオカメラは

これに関しては、実際に電気屋さんにいって確かめてくるべきなのかなと思いました。