ロリポップユーザーへ記事作成代行のメリットとデメリット

はじめに

記事代行サービスを利用するべきかしないべきかということを悩んでいる人もいるでしょう。確かに僕も利用する前はとても悩みました。

記事を書くという時間を短縮できるというメリットなどがありますが、始めたばかりでいきなり他人に頼るのは…というような迷いが生まれてくる人もいます。

 

1文字あたりから1円で、1000文字書くとすると1000円ほどかかります。

最初がなかなか決心できなくてなやんでしまうのです。(一度頼むと、自分に合うかあわないかがわかるので簡単に判断ができます。)

記事の外注をはじめて行いましたが、僕的には記事数を増やすうえではよかったが、収入にはつながらない。という感じでした。

 

記事代行サービスは本当に損するのか

必ずしもそうとは限りません。実際にそのサービスを利用して、稼ぎを出している方もいます。

しかし、まだ記事を少ししか書いたことがないという人は「どんな記事がよい記事なのか」ということがまだわかっていないはずです。

記事を外注してその完成した記事をそのまま利用する事はほとんどありません。

何かしら自分で手直しをする必要が出てきます。そんな時に、この記事はどんな手直しをするかの判断を自分でしなければならないのです。

 

初心者はまず自力で書くことを覚えるべき

アフィリエイトをしている前提で話を進めますが、アフィリエイトに関しての初期投資が少なければ少ないほど自分で記事を書くことが必要です。

最初から何万も使って、サイト構築から記事制作までを依頼するという計画ならそれはそれでいいと思います。

しかし、お金を余りかけないのに少しの楽のために記事を代行するというのは損ではないかなと思います。

稼ぐノウハウを知らないうちはそれを見つけてからでも遅くはありません。

 

なぜ自分で書くことが必要なのか

まあ、これも私の考えなので「絶対に必要」ということではありませんが、いい記事を見分けることができるようになるということです。

先ほども書きましたが、記事代行サービスを利用して、そのまま記事の内容を変えずに投稿するという人は少ないです。

何かしら手直しをしてから投稿しています。

自分らしさを出したり、お決まりの挨拶、終わりの言葉などを付け加えている場合が多いというわけです。

そのほかにもこの言葉づかいが間違っているということや、ここを変えればもっとよくなるというような手直しが必要です。

それらに気づくには自分で記事を書いたことがないと難しいということです。

 

ロリポップユーザーはShinobiライティング

ロリポップ!に契約している人はShinobiライティングという記事代行サービス料金が割安になります。ロリポップ!に契約している人は、これを利用するに超したことはないでしょう。

 

1文字1円のところが0.6円ほどになります。記事の質などは、ばらばらですが、何より納品までがとても早いです。

 

Shinobiライティングの評価

メリット

  • ロリポップユーザーだとかなり安く利用できる
  • 幅広いジャンルに適応している
  • WEBないで完結するので、めんどくさくない

 

ロリポップユーザーだとかなり安く利用できる

大きな魅力の一つともいえる「安さ」ですね。記事代行の相場は「1文字あたり1円」といわれています。プロだとさらに料金が上がり「1文字あたり3~5円」という感じです。

それに比べるとロリポップユーザーは約半額で利用できるということです。

そして、5000円以上の利用で事務費が0円二なります。

 

幅広いジャンルに適応している

ライターの人数がたくさんいるので、幅広いジャンルの内容を依頼することができます。

マニアックな内容も、数週間以内には納品されます。

 

WEBないで完結するので、めんどくさくない

記事を書く相手を指定しないので、すべてWEB上で内容を決めることができます。

1対1の作成に比べて、かなり簡単になっています。

納品までの時間もかなり早く、時間が無いときも安心して発注することができます。

 

デメリット

  • 記事の内容にばらつきがある
  • 自分の望んでいる内容とはことなっている場合がある
  • 正直この記事では稼げない

 

記事の内容にばらつきがある

同じ人が書くというわけではないので、記事の内容や書き方の癖などに違いが出てきます。

言いまわしや、文章の構成など、さまざまな人が書いているのでばらつきがあります。

納品された記事をそのまま公開するのではなく、手直しをする必要があります。たまに、文章のミスもあったりします。

 

自分の望んでいる内容とはことなっている場合がある

他人に書いてもらうということですから、必ずしも自分の望んだ記事になっていないことがあります。

さまざまな人が書いているので、仕方ないと思うしかありませんね。

これもしっかりと手直しをしましょう。

 

外注前の疑問

記事の質

Shinobiライティングは記事の質が低いというレビューを聞きますが、それはプロのライターの意見だと思います。

僕のような凡人にとってはかなり良質な記事内容でした。

しかし、記事を書く人が統一されていないため統一感のない記事の書き方になっています。そこら辺の微調整は、僕自身で行う必要があると感じます。

たまにですが、指定したタイトルと関係のない内容の記事が紛れている場合がありますが、そこは運が悪かったと諦めるしかないでしょう。(なにしろたくさんの人が記事を書いていますから。)

 

料金の問題

僕は、ロリポップ!ユーザーなのでユーザー価格の一文字0.6円で利用できました。

普通に利用すると1文字1円になります。

かなりの差があるので、契約はロリポップ!などの割引になるところにした方がいいでしょう。大量に発注した方がいいというのはここが理由です。

0.6円というのは他に比べてかなり安いので、「記事の質は保証しないけれど、たくさんの記事がほしい」という場合におすすめです。

 

発注方法

細かなところまで設定できないのが特徴です。

しかしこれは、細かなところまで伝えなくてよいというメリットだと思っています。

簡単に申込ができるため、記事を頼むまでがスムーズに進めることができます。

方法としては3種類あります。

 

かんたん発注

ジャンル、記事タイトル、キーワート3つ、文字数、文章タイプ、文末表現を設定してかんたんに発注することができます。

あまり詳しいことを書く事はできませんが、記事としては十分な効力はあると思います。

 

エクセル発注

簡単発注をもう少し丁寧視したバージョンです。

キーワードが3つ以上も設定でき、NGキーワード、参考サイトなどを加えることができます。

僕は、エクセル発注しか使った事がありませんが、100記事以上の記事発注もできるのでかなりおすすめです。

 

見出し付き発注

これについては頼んだことがないのでよくわかりませんが、見出しを設定して発注できるようです。

エクセル発注はタイトルとキーワードのみの設定でしたが、こちらでは見出しまで設定できるようです。

 

まとめ

全体を通してかなりつかいがってのよいサービスだと思いました。細かなところまでいちいち書いてくれる人と連絡をとらなくてよいというところが1番ですかね。

0.6円という料金も魅力的です。

しかし、薬事法などの法律に関しては「全く関係なし」に記事を書いてくる人もいます。そのような記事を発注することはおすすめしません。

 

結論、初心者は使うべきではない。けど、ある程度自分で記事をかける人なら、枠組みだけ作ってもらうために利用するというのなら使い道はあるでしょう。という感じです。

コメントを残す