僕がアフィリエイトを始めて半年間できたこと

はじめに

僕は、高校2年生の前半に初めてもう1年を過ぎたのですが、振り返りもかねて(過去の黒歴史記事もあさって)始めて半年間の出来事を紹介していきます。

 

他のブロガーの人がどんな風に歩んできたのかとか、結構気になりません?僕は気になって、いろんな本を買ってしまいましたが、今思うと1冊でよかったかなと思います。

 

アフィリエイト1か月目

「アフィリエイトは3か月で成果が出る」とか「3か月で閲覧数はぐんと上がる」というようなことをよく目にします。

僕の始めたころの予想としては、3か月目には万単位で稼げているという感じでした。お金が欲しいというありきたりな動機から始まりました。

 

右も左もわからない状態でしたので、とりあえず本を買ってみて読んでみてという感じですね。一番最初に買った本がこれ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 [ 石川栄和 ]
価格:1706円(税込、送料無料) (2018/8/20時点)

 

あとから気づいたんですが、この本「企業やお店向け」の内容だったんですね。

もちろんwordpressの基本的な使い方を知ることができたので、損したーとは思っていませんが、アフィリエイトブログ向けというわけではなかったので、少し残念です。(当時はそんなことにはこれっぽっちも気づきませんでしたが)

 

正直、この時は楽しかったです。

自分で作業して、自分だけのサイトを作ったりデザインしたりと、まるで一国一城の主になったような気分でした。楽しかったなー。この後に地獄が待っているとも知らずに…ね…。

 

この時のテーマは、上記の本にしたがって「lightning」を使用していました。このテーマについてもっと知りたい人はこちら→https://lightning.nagoya/ja/

新しくお店をたてて、自分でホームページを作りたい!という人にはオススメのテーマです。

 

もちろん記事も書いていました。

が、人に見せることを躊躇せざるを得ないようなごみのような記事です。さすがに、今でも心をえぐるものがあります。

…まあ、見せますけれどね。

アフィリエイトを初めて1週間がすぎ、一番感じたものは不安です。もう不安の一言です。

初日にサイトを公開しても、検索エンジンに引っかかるのは4日目の朝でした。しかも「たつのブログ」で検索すると58番目でした。

もちろんのこと、この期間の閲覧回数は0です。

成果がないとこんなにもつらいのかと改めて感じました。

しかし、記事を毎日書くということを目標としてから、意識しないところにも意識するようになりました。

これが何か面白いこと、興味の引くことはないかと考えながら過ごしています。

これがつらいと感じる人もいるかもしれませんが、私にとってはそこまでつらいと感じたことはありません。

つらいどころか、いつもと違う観点から物事を見ることができるという楽しさがあります。

何度も書きますが、成果が出ないというのは苦しいものです。

しかし、私が読んでいるアフィリエイト本には、最初は、まったく反応がないのは仕方ないと書いてありました。

この「まったく何もない」時期を通らなければ、成果を出すことができないと信じて続けていきたいと思います。

胸の奥からこみ上げるむず痒い感覚がありますね。

恋でしょうか?恋したい。

 

こんな感じの記事を書いていました。これは人も来ないですわ。

1か月目の終盤くらいに1~2人ほど検索エンジンから来てくれた人もいましたが、その1~2人は今すぐ記事の内容を忘れてください。

 

2か月目

今までで一番つらい時期だったと思います。

 

1か月目は楽しい、ドキドキ、わくわくというような感情がありましたが少し続けていると薄れてくるんですね。

記事を書くことに対して苦痛を覚え初めました。正直なところ記事の内容を考えたり、記事を書くこと自体がつらかったです。

 

しかし、なんだかんだで記事は書いてきました。なんで続けられたのかは自分でもよくわかりません。

やっぱり、高校生ですから「他人と違うことしてる自分かっこいい!」的な感覚があったのでしょうか。いや、僕に限ってそんなことは…ありましたね。それもかなり頻繁に。

 

それに加え閲覧数が伸びないというのも、いやになった理由の一つです。

記事一つ一つにサムネイルを付けたり、わかりやすい構造にしたりと少しづつサイトを直していったことは覚えています。

デザインの本を買ったり、ほかの人のブログを見て真似をしてみたりというところは結構面白かったですね。

 

この時点で記事数は100記事を超えていたと思います。(1記事当たりだいたい1000文字くらい)まあ、ご存知の通りあのごみ記事の延長線上にあるので、稼ぐ以前に閲覧数さえないという状態でした。

100記事を超えると閲覧数が増えるなんてことは迷信だということがこれで証明できましたね。と書いていたことを鮮明に覚えています。

 

どれだけ良質な記事をかいても、どれだけたくさんの記事を量産しても、内容が良くなければ誰からも見られないということです。

 

それと、座右の銘はこの時にきまりました。

自己紹介

 

3か月目

書き忘れてましたが、僕がアフィリエイトを始めるときに「3ヶ月で月5万」という言葉をネットで見たということも理由の一つなんですよ。

結果を見てもらうと、3ヶ月で稼げたのは50円でした。たぶん「3ヶ月で月50」の見間違いだったのでしょう。きっとそうだ。

 

少しずつですが、収入(笑)も増えてきたのも事実です。

 

収入といえるかどうかはわかりませんが、僕的にはめっちゃうれしかったですね。

その時に、友達が自販機の下の50円をあんなにやすやすと拾ったのをみて、自分の努力に泣きそうになりました。

 

閲覧数は結構増えていきました。

1日の平均が30くらいでしょうか。

のびが目に見えてわかるというのはモチベーションのアップにつながりますよね。

 

検索エンジンからの流動が9割くらいで、残りはTwitterからの流動です。

 

初心者は3ヶ月では稼げないということも証明してしまいました。

 

4ヶ月目

とくにありません。

3か月目とほぼ同じです。

しいていうなら友達が猫を飼いはじめたことくらいでしょうか。

 

5ヶ月目

ここらへんで、記事は質が大切だということを再確認しました。

 

どこかのブログでも「ごみはどれだけ積んでもごみでしかない」と書かれていましたが、まさにその通りだと思いました。

 

閲覧数は平均は30人程度でした。

検索からやってくる人が増えてきました。

この時に、検索エンジンで一番多く利用されているのはgoogleなんだなと気づきました。7割くらいがgoogleから来てました。

 

それと、ここらへんで外注記事というものを見つけてしまい、いろいろとしてましたね。これについて書くとまた長くなるので別の記事で紹介したいと思います。

一つだけ言えるのは、アフィリエイト初心者が外注をするべきではないということです。

…紹介するまでもなく、結論書いちゃいましたね。

 

半年

半年もブログをやっていたんだなと驚いていました。正直、僕のことですのですぐにやめてしまうんだろうなーというように思っていましたが、しぶとく続けることができていました。

 

この6ヶ月間学んだことはかなり多いです。半年前はサイト一つ作れず、文章だってなかなか書けずに頭を抱えていましたからね。…いまでも文章はなかなか書けていませんが。

ま、前よりは書けるようになりましたから!たぶん…。

 

半年間の報酬を計算してみると面白い結果が出ました。

いままでの合計報酬を約200円とします。1日、平均3時間作業したとしましょう。

1ヶ月30日で、6ヶ月ですから、合計(6×30×3=)540時間作業したことになります。

 

ということは…?

 

時給に換算すると(200÷540=)0.4円です。

 

いやーつらい。

この時僕にかけてくれた友達の言葉の「笑えばいいと思うよ。」が印象に残っています。

 

相変わらず報酬はほとんどありませんが、ここまで来たら止まれませんよね。止まるんじゃねえぞ…。

 

コメントを残す