wordpress記事タイトルのつけ方 よく検索されているキーワードを簡単に見つける方法

はじめに

ブログで閲覧数を多くさせるにはやはり、検索エンジンで上位表示されることが最低条件でしょう。

そのために、SEO対策をしたほうがいい!なんてことをよく聞くと思います。

 

ですが、SEO対策なんてみんなしています。対策したからOK!ではなく、対策してやっとスタートラインに立った!くらいの感覚があってるのかなと。

 

そんな中でも、少しコツが必要なのは「よく検索されているキーワードを探す」ということです。

たとえば、ストレスを減らす方法ついての記事を書きたい場合

「ストレスのケア方法をご紹介」

よりは

「高校生におすすめ 部活疲れのストレスにきくケア方法をご紹介」

という方が検索エンジンの上位表示が容易になります。

 

キーワードは検索されやすいものを

 

まず初めに考えるべきことは「この記事を読んでくれる人は本当にいるの?」ということです。

どれだけ最高の記事を書いたとしても、それを必要としている人がいなければ誰も見てはくれませんからね。

 

キーワードを考えるうえで重要なのは事前調査です!!

 

goodkeyword

たとえば「ストレス」という言葉を含んでよく検索されている言葉を知りたいというときは、このサイトを利用するといいでしょう。

https://goodkeyword.net/

 

goodkeywordといって、「ストレス」というキーワードを含んでなおかつ検索されている言葉を表示してくれます。たとえば「ストレスチェック」「ストレス解消」「ストレス診断」「ストレス 腹痛」などです。

 

さらに「ストレス」で検索してでてきた「ストレスチェック」をクリックすると「ストレスチェック制度」「ストレスチェック 厚生労働省」というように詳しく掘り下げることができます。

 

何回か掘り下げを繰り返すと、記事のタイトルを付けるときに楽になります。

 

Google Search Console

google search consoleというのは、自分のブログのアクセス回数だったり、検索エンジンのクロール回数、ペナルティなどを知ることができます。

 

自分のブログを持つなら、必ずといっても登録をした方がいいです。

 

これに登録をすることによって、検索したワードが簡単にわかります。それに加え、掲載順位、何回表示されたかまで知ることができます。

 

掲載順位が高く、たくさん表示されているワードを中心とした記事を書く事で、閲覧数が増えるというわけです。

 

これは自分のブログの特色といいます、強みを知ることができるのでかなり役に立ちます。

 

キーワードの次は記事のタイトル

上記のツールを利用して見つけたキーワードの中に「これだ!」と思ったもの、(自分の好きな言葉や言い回しでもかまいません。とにかく、感覚的に好きだと感じだもの)をピックアップしてみてください。

それらに「の」や「を」などの接続語を付け加えて、文章にしていきましょう。これで第一段階は完了です。検索エンジン(機械)相手にはこれで十分な効果を与えてくれると思うのですが、僕たちが見せたいのは機械ではなく人間ですので、さらに肉付けをしていきます。

ですが、肉付け無理!という人は、慣れるまでは肉付けしないタイトルでも効果は発揮できます。

 

最終的には、肉付けによって自分らしいタイトルをつけることができるようになることが目標です。

 

もっとも重要な本文

本文では、一生懸命考えたタイトルの答えをしっかりと明示する必要があります。

この記事で考えれば、「wordpress記事タイトルのつけ方」と「よく検索されているキーワードを簡単に見つける方法」の二つです。

 

この記事ではタイトルのつけ方とキーワードを見つける方法について書かれていると思います。…当たり前ですよね。

ですが、この当たり前がおろそかになっている場合も結構あるのです。話が脱線してしまったりして、有益な情報でも「いまこの記事で書くことじゃなくね?」という状況になってしまいます。

どうしても上位に出なかったらキーワードを絞る

キーワードの選定をまちがってしまうとどんなに頑張っても閲覧数が増えないということがあります。

 

たとえば「ダイエット」というビッグキーワードで勝負をしようとしたら、まず間違いなく負けてしまうでしょう。アフィリエイトのプロたちが戦っている最前線ですから。

そんな時にはもっとスケールを小さくして、「30代 酵素サプリ ダイエット」などとしてみましょう。実際にGoogleで検索をかけてみるとわかりますが、ヒットする件数が全く違ってきます。

 

自分のレベルを把握することで違った世界が見えてきます。僕のじっちゃんの言葉を借りると「身の丈を知れ」ということでしょうね。

大きな世界で10位よりも、小さな世界で1位です。

 

まとめ

キーワードを変えるだけでそんなにかわるのか!!と考える人もいると思いますが、それがかなり変わるんです。検索されるワードを絞ったり、最適化することで少ない記事数でも閲覧数を十分に閲覧数を出すことは可能です。

 

しかし、どんなキーワードでも閲覧数増えないということはないのです。

 

「アフィリエイト」というワードで戦いに挑んだ場合は約 34,400,000 件のライバルがいます。

 

「アフィリエイトで稼ぐ」というワードでは約1,500,000 件。

 

「高校生がアフィリエイトで稼ぐ方法」というワードでは約747,000 件 となります。

 

キーワードで自分の土俵が決まります。

もちろんライバルが多い場所はたくさんの人の目に留まり、稼げるでしょう。しかし、そこで自分の記事が検索されるのかといえばそう簡単にはいかないのも事実です。

 

身の丈に合った場所を探す、ですね。

やっぱ、じっちゃんはすげぇや。

コメントを残す