高校性が本気でアフィリエイトを始める方法

はじめに

ここでは高校生がアフィリエイトを始める方法を紹介します。

アフィリエイトって何?という人はこちらを読んでからのほうがいいでしょう。

 

アフィリエイトの大まかな流れとしては

  1. サイト作成
  2. 記事作成
  3. 広告配置

この3つになります。

 

アフィリエイトを始める人の多くはサイト作成でつまずきます。webについての知識が全くないという状態で作成するのですから、とても大変です。勉強が苦手という人はきっと投げ出したくなるような量になるでしょう。

ここでは、サイトの作成方法も含め丁寧な説明を心がけます。

 

次に作成するのは、収入の要となる記事です。

どれだけサイトのデザインがきれいでも、質の悪い記事を提供したのでは稼げるものも稼げません。

基本的な記事の構成の仕方を紹介します。

 

最後に広告の配置です。

高校生はこの部分でも少しハンデを背負っています。18歳未満の登録禁止だったり、未成年の登録禁止という広告サイトも数多くあります。

僕が利用している、高校生でも登録できる広告サイトを紹介します。

 

1.サイト作成

サイトというのはよく見ると思いますが、googleなどで検索して、出たリンクをクリックしたら出てくるページのことです。

 

サイト構築

  • サーバー
  • ドメイン

この二つが、サイト構築に必要なものとなります。

 

サーバー

サーバーとは、インターネット上に自分専用の土地のようなものです。そこにHTMLやcssという言語を使ってプログラミングしていくことでページをつくっていきます。

サーバーは自分でつくることができますが、めっちゃむずいです。

なので普通の人はレンタルします。これがレンタルサーバーというものです。

僕の利用しているレンタルサーバーはこれです。

 

魅力の一つとしては、10日間無料のお試し期間があるということです。10日試してみて、やっぱりやめようとなってもノーリスクでやめることができます。

 

さらに、スタンダードプランではwordpressという無料ソフトを使うことができます。これを使うと、このサイトレベルのデザインなら簡単に行うことができます。

 

かなり使い勝手がいいので、事前に決めているサーバーなどがないならこちらをおすすめします

 

ドメイン

このサイトのドメイン名はajewelcase.comです。

ドメインとは住所のようなもので、サーバー(土地)があったとしても住所(ドメイン)がなかったらユーザーが土地までたどり着くことができません。

そのためサーバーとドメインがセットとなります。

ここから取得します。

 

ページに飛んだら、自分の好きなドメインを入力して取得できるかを確かめましょう。(ドメインとは世界でたった一つの住所なので重複することはありません。)

○○.comや○○.jpというような形というのはわかりますね。○○は自分の好きなものを設定できます。このサイトは「ajewelcase」というところです。

その次の.comなどは決められています。決められている部分は、初心者は.jpや.comを選択することをおすすめします。

 

サイト制作 by WordPress

 

プログラミングをして、サイトを作らなければいけないの?と考えている人もいると思いますが、今の時代CMSという、簡単にホームページを作成できるソフトがあるので、それを利用します。

 

wordpressインストール方法

wordpressサイトを作成する方法 ロリポップ!簡単インストールのやり方

 

wordpressサイト制作講座

https://ajewelcase.com/?p=2352&preview=true

2.記事制作

記事を書くというのはあなたの力量がダイレクトに影響してきます。アフィリエイトで差がつくのはここです。ここがすんなりできる人は、すんなり稼げます。

基本的な記事の構成

  • 文字数 約1000文字以上
  • 広告の数 (基本的に)1記事あたり1つ
  • 書き方 専門的なサイトでない限り、だれにでもわかるように
  • 写真の数 1つ以上

文字数

記事での文字数とは、検索エンジンで上位表示させるためにも重要な要素となります。

単純に考えて、文字数が多ければ多いほど滞在時間が長くなります。ということは、ユーザーが興味を持つ記事内容なんだなと、検索エンジンが判断し、評価が上がりやすいということです。(あまりにも長すぎると飽きてしまってブラウザバックしてしまう確立も高くなります。)

1記事あたり2000文字~5000文字の間がよいと考えます。

広告の数

下手な鉄砲もなんとやら、というようにたくさん広告を張るとどれかクリックされる・・・なんてことはありません。

逆にべたべた広告を張ってしまうと、サイトが見にくくなってて本来報酬につながるものもつながらなくなってしまいます。

基本的に1記事当たりに紹介するものを一つが良いですが、それはそのサイトによって変化してきます。サイトの見やすさが損なわれない程度に広告を入れる必要があります。

 

書き方

何かを紹介する上では、何かと難しい文章を書かなければいけないという場面もあります。

しかし、多くの人に伝えるためには難しい文章をそのまま書くのではなく、誰にでも伝わりやすいように、極端にいうと小学生にでもわかるように書くことが必要です。

 

写真の数

メディアをつかえるのはサイトの強みといってもいいでしょう。写真はどんどんと利用していくことをおすすめします。サイト全体がきれいにみえますし、メディアがあることによって滞在時間も長くなります。

ここで気をつけるべきところは、著作権と肖像権です。著作権フリーと書かれているサイトでも、用途を間違ってしまうと規約違反になる可能性があります。メディアを利用するサイトをの規約をしっかりと確認する必要があります。

僕が利用しているサイトはこちらです↓

フリー写真素材ぱくたそ

利用するときは利用規約を熟読してください。

アイキャッチ画像のほかに、記事内にいくらかの画像を入れることを推奨します。字ばかりを見ているよりも、画像を入れることでサイトの印象が柄った良いほうに変わります。

 

広告配置

では早速、ASPに登録して広告をはろう・・・といきたいところですが、まずは報酬を受け取る場所を作らなければいけません。

まずは広告を張る前に、受け取る口座を作成する必要があります。

一般的なのは、インターネット銀行を利用することです。しかし、ほとんどの銀行は未成年の利用は受け付けていません。そのようなことを踏まえて報酬の受け取り方を紹介していきます。

 

楽天カード一択

僕の1番のおすすめは楽天カードです。実際に僕も利用しています。学生でも簡単に申請ができ利用することができるからです。

クレジットカードは未成年の場合は利用することはできません、しかしデビットカードのほうは高校生でも利用することができます。

デビットカードは入金した分しか引き出すことができないので、安心して利用することができます。カードは無料で作成することができます。

 

高校性でも登録できるASP

https://ajewelcase.com/?p=2359&preview=true

 

まとめ

自分のページを作成→記事を書く→広告を貼るというのがアフィリエイトの流れです。

これからすることは、ただ記事を書き続けるという作業です。ストレスとのつきあい方も重要になります。

 

勘違いしてほしくないのは、アフィリエイトは3ヶ月程度では稼げないということです。

ですが、やらないよりはやったほうが楽しいです。マジで。

コメントを残す